発電事業化支援サービス

液体バイオマス発電事業化支援
サービス

FIT設備認定・事業認定、土地取得、系統連系の目途は立ったが、課題が山積。この後どうすべきか・・・。 

昨今のFIT制度の改定もあり、発電事業への参入を検討されている企業様や、発電事業への投資を考えている企業様から、ご相談が数多く寄せられています。

弊社グループでは、FIT制度施行前の2010年から、液体バイオマス発電に注目し検討を開始してきました。独自のG-Bio発電システムを構築しながら、様々な問題を解決する人材やノウハウ、特許技術を保有するに至っています。

これらを元に、以下のサービスを通して、様々な課題に対しての実務的な支援・業務の代行など、皆様のニーズに応じて柔軟に対応いたします。

 

事業主体となる企業等の紹介

  • 発電事業及び附帯する権利の販売を目的に組成した案件につき、発電事業の開始を検討する企業を探索し転売先としてご紹介

燃料調達

  • 液体バイオマス燃料、特にパーム油の長期安定調達を支援
  • 海外からの輸入や国内輸送・保管のスキームを構築、ロジスティクスコストの最適化
  • 燃料性状や燃料溶解などの技術的課題を、特許技術を用いて解決

事業計画の策定・フィージビリティスタディの実施

  • 着工・運転開始後に発生しうるリスクを精密に調査し、事業性や収益性を検証
  • 技術的デューデリジェンスの支援、リスクマネジメントに関する助言
  • 多岐にわたるフィージビリティスタディの実施、環境アセスメント・自主アセスメントの計画支援

土地検索・取得の代行

  • 系統連系距離、主要港からのロジスティックス、環境規制等の諸条件を考慮し、候補となる土地を検索
  • 土地所有権/地上権/賃借権の取得交渉・調整・取り纏め

許認可取得・届出手続きの代行

  • FIT事業認定の取得代行
  • 系統連系手続きの代行
  • 公害防止協定の締結補助
  • 工事計画届・変更届の手続き代行
  • その他の各種規制への適合対応、手続き代行

大気汚染防止法、水質汚濁防止法、騒音・振動規制法、悪臭防止法、電気事業法、都市計画法、工場立地法、消防法、危険物・指定可燃物に関する各種の規制、地方自治体の上乗せ条例など

プロジェクトマネジメント業務

  • EPC会社との協議を通じた発電所の基本設計、設備仕様書の作成に関する助言
  • 騒音やNOx等の各種規制への対応
  • 造成工事の監督
  • EPC工事中の保安管理
  • 電気主任技術者等の派遣

関係者/団体との渉外業務

  • 中央省庁/地方自治体等の各行政機関との協議・調整
  • 地域住民との折衝、説明会実施の支援

O&M(運転・保守)業務

  • 事業用電気工作物の工事、維持及び運用に関する保安の監督
  • O&M計画作成・実施代行
  • O&Mコストの削減の検討